関空の冠水の原因はなぜ?復旧の時期や現在の被害状況をチェック!

Sponsored Links







 

9月4日に関西地方に直撃した台風21号は様々な爪痕を残しましたね。

その中でも一番注目されてるのが、関空(関西空港)が冠水したことではないでしょうか?

ここでは、「関空の冠水の原因はなぜ?復旧の時期や現在の被害状況をチェック!」と題して、関空がなぜ冠水する事態になったのか、今後の復旧状況や時期、被害状況などをお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

関空の冠水の原因はなぜ?

一番の原因は巨大台風21号の直撃なのは間違いありませんが、日本には多数の海上空港がありますし、台風の多い九州にもある海上空港でも冠水したという事は聞いたことがありません。

関空に限りなぜ冠水してしまったのか、その原因について調べてみました。

原因①台風21号の強風で記録的な高潮となった。

記録的な台風21号の強風は凄まじく、関空では58.1メートルを記録。瞬間風速が50メートルを超えると、木造家屋が倒壊したり樹木が根こそぎ倒れる恐れがある状態、50mどころか60mにも迫る強風を観測、この強風にあおられ高潮が発生、記録的な高潮となったと思われます。大阪では1961年の第2室戸台風の時に観測した過去の最高潮位を瞬間的に上回る値(329センチ)を観測しました。

元々あまり台風の多くない地域に想定外の台風の直撃、高潮により、滑走路に海水が入り冠水したと考えられます。写真を見ると冠水というより水没と言った方がいいくらいですね(>_<)

 

原因②関西冠水の原因は設計ミス!?

元々この場所の地層は粘土層で、空港島の重さで沈下することは建設前より分かっていました。なので沈下を人工的に早めることによって、空港ができあがってからの沈下を少なくするという工法(サンドドレーン工法)を使用して建設されております。しかし、上面の粘土層(沖積粘土層)の沈下は抑えられますが、その下にある洪積粘土層の沈下は抑えることが出来ない為、毎年6cm程度沈下しているそうです。

参考:関西空港HPより

しかし、ここで問題があります。元々関空の高さは海上4mになるように設計されていましたが、現在は海上2mくらいしかない場所もあり、地盤沈下が想定よりも大きいと思われます。

そもそも、設計時の予想沈下量は粘土層が5.5メートル、洪積層が5.5メートル、合わせて11メートルということでした。それが、2017年末現在13.3メートルと計画値より2メートル以上大きく沈下しています。そしてこの差2メートルは、前に挙げたの誤差と一致しています。

参考:小塩丙九郎の歴史・経済ブログより

上記内容を見ると、当初想定されていた、地盤沈下が予定以上に沈下が進み、関空の地上高が低く、そこに台風の高潮があった為、冠水したと考えるのが正しそうです。

関空の復旧の時期や現在の被害状況は?

4日の台風による雨や高潮により、滑走路や駐機場などが広範囲に冠水し最大50cmくらいまでつかり、ターミナル地下にも80cmほど水が浸水したそうです。

連絡橋にタンカーが衝突したことにより関空が孤立、一時は3000人が閉じ込められる事態になりましたが、現在は全員脱失できています。

9月6日現在、まだ関空の滑走路は一部冠水した状態だそうです。しかし、現在は関空にある2つの滑走路の内、B滑走路は冠水しておらず、B滑走路を使用して、7日より国内線のみ運行を再開する事が出来るようです。

しかし、元々2つの滑走路で運行していたのが1つではすべての運行は厳しいので、近隣空港である、伊丹空港と神戸空港に完全復旧まで代替機能として活用できないかと検討してるとの事です。

もう一つの滑走路のA滑走路は現在も冠水しており、まだ復旧の目途は立ってないそうです(>_<)

また、この台風で関空の連絡橋にタンカーが衝突し片側が不通になっていますが、片側のみを使って一般車両の通行を再開するそうです。

台風時の感じでは当分関空は使用できないと思いましたが、かなり早く再開できそうですね(^^♪

まとめ

完全では無いものの、思ったより早く運行再開できるようで安心しました。

しかし、今回は想定外とはいえ、地盤沈下の続く関空は今後も冠水の被害が発生する可能性がることが分かってきました。今後、設計自体が問題無かったのか、などが徐々に明らかになっていくと思いますので要注意ですね!!

それでは、今回は「関空の冠水の原因はなぜ?復旧の時期や現在の被害状況をチェック!」と題してお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後までお読みいただき有難うございます。

 

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください