キノコ採りで事故急増の理由と原因は?対策と予防方法は?

Sponsored Links







最近、キノコ狩りで事故にあう方が急増してるとニュースでよく言われてますね。皆さんもキノコ狩りには行かれましたか?

今回はキノコ狩りで事故に合わないように原因と理由、予防について「キノコ採りで事故急増の理由と原因は?対策と予防方法は?」と題してお伝えしていきます。

Sponsored Links

キノコ採りで事故急増の理由と原因は?

そもそも、毎年キノコ狩りは出来るのに今年に限って事故が多いのでしょう?その理由について調べてみました。

今年は夏の暑さと秋に適度に雨が降ったことにより、キノコが豊作だそうです。キノコはいつも安定して収穫できそうな気がしていましたが、違うんですね!

高級キノコの「松茸」も今年は豊作らしく、普段は取る事が出来ない希少なキノコも今年は収穫できることがあるみたいです。

そんな事もあり、キノコ狩りに出掛ける人が急増しており、あまりキノコ狩りをした事ない人もおり、事故になるケースがあるようです。

また、マツタケなどの高級キノコなどは急斜面にあることが多く、リュックを抱えながらキノコをいっぱい持って歩くので、非常に危険です。

キノコが収穫できるところは地面も塗れていたり滑りやすい所が多いのと土が柔らかいので、滑りやすく、岩も地面が柔らかいので動きやすいので、岩につかまった所、岩が動いて滑落してしまう事も多いそうです。

長野県警によると、同県では8月から今月15日にかけ20人が遭難し、13人が滑落などで死亡。遭難12人・死亡3人の昨年を既に大きく上回った。山梨県では昨年より3人多い4人が死亡し、岩手県でも3人が死亡。大半が60代以上の高齢者で、死者数は「例年を上回るハイペースで推移」(岩手県警)している。

引用元:YAHOOニュース

事故の主な原因はキノコ狩りで滑落や遭難によるものがトップを占めており、他には毒キノコを食べてしまった中毒となっていますね!

平地では殆ど採りつくされてしまって、奥まで入りすぎる傾向があるのと、キノコは地面にあるので、地面ばかりを見て、遭難してしまうケース、急斜面で足を滑らせてしまうなどの原因が多いみたいです。原因をしっかり把握してそうならないようにしていきましょう。

 

キノコ狩り事故の原因は?

ここまでの事故原因をまとめてみましょう。

 

①豊作により、不慣れな人が多くキノコ狩りに来ることがある

②平地ではキノコが採りつくされているので、急斜面に入り、滑落してしまった

③地面ばかりを見て、何処にいるか分からず遭難

④キノコの判別がつかず、毒キノコを食べてしまった

 

こういった原因があげられますね。

では、このような事態にならないように対策や予防を考えていきましょう。

キノコ採りで事故急増の対策と予防方法は?

先ほど挙げた原因を元に対策を考えてみました。

 

①豊作により、不慣れな人が多くキノコ狩りに来ることがある

豊作で、ある事と不慣れな人がキノコ狩りに来ることは逆に喜ばしい事だと思います。

誰でも最初は「初心者」です。ただ、不慣れならば、なるべくベテランの人と一緒に行くことをお勧めします。やはり経験者は色んな予防を行っているので、それを教えてもらい、事故に遭わないようにしましょう。もし一緒に行けるベテランがいない場合は、十分に知識を持って出かけるようにする事をお勧めします。

 

②平地ではキノコが採りつくされているので、急斜面に入り、滑落してしまった

もう、キノコ狩りのピークという事もあり、取りやすい所のキノコは採りつくされている可能性が高いです。それに「松茸」などの高級キノコは急斜面に生えている事が多く、斜面に入る機会もおおいと思います。

あまり、地元の人も立ち入らない山まで入ってしまうと滑落してしまうと救出も困難になるので事前に範囲も調べていく方が良いでしょう!!

また、斜面で移動するときは両手に何も持たないようにする事を心がけましょう。リュックは少し大きめを用意して収穫したキノコを入れられるようにすると両手に持たずに済みますよ!!

 

③地面ばかりを見て、何処にいるか分からず遭難

遭難を防ぐ一番は地図とコンパスを携帯する事が一番です。登山と一緒ですね。キノコ狩りに地図とコンパス?って思われるかもしれませんが、山をなめると大きなしっぺ返しが来ますので、いざという時の対策は必要です。また、山は天候が変わりやすいので、雨具ももって行くようにしましょう。遭難してしまった場合の防寒具代わりにもなりますよ!!

 

④キノコの判別がつかず、毒キノコを食べてしまった

これもベテランの人と行くのが一番ですね!!結構見た目は普通でも、毒キノコの場合もあるので、ベテランに見てもらうのが一番です。いないときはキノコ図鑑を携帯する事をお勧めします。

 

それ以外にも、キノコ狩りに行くときは、必ず家族に連絡をする事と行動予定を伝える事で、遭難してしまった場合捜索がはやくかかり、生存確率があがります。また、なるべく複数人での行動を心がけましょう。何かあるときには、お互いに助け合うこともできるので。

あと、携帯電話を持参するようにしましょう。今は山でも電波が入る所もあるので、助けを呼べる可能性もありますし、スマホの場合はコンパスやGPSを使えれば位置の特定も出来る可能性がありますので、電波が届かないから持って行かないのではなく、携帯するようにした方が良いですよ!!

まとめ

今回は最近急増中のキノコ採りでの事故の原因と予防を「キノコ採りで事故急増の理由と原因は?対策と予防方法は?」と題してお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

キノコ狩りも一番のシーズンとなるので、十分な予防をして事故無く、楽しみたいですよね!!

今回も最後までご覧いただき、有難うございます。

 

Sponsored Links







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください